<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<<   | main |   >>
 


stilleben mit apfeln und orangen
paul cezanne
1899

 @国立新美術館
 美術館にはよく行くんだけれど、最も好きな画家の最も好きな絵画の実物を見て、ほとんど立ち尽くしてしまった。
 セザンヌのこの『りんごとオレンジ』はあまりに有名。19世紀の終わりにすでにキュビズムを予告したような光線。ピカソより前、さらに音楽でいえばビートルズより70年前にマルチトラックを使用したような複数の視線がほんとうにすばらしいと思う。至るところに光が注いでいる。
 晩年はプロヴァンスで創作を続けたこの孤高の画家は、ドイツの片田舎で一生を過ごしたバッハと重なっている。
スポンサーサイト
COMMENT