<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<<   | main | 今日の一枚 >>
 
  

はじめての構造主義
橋爪大三郎
1988
★★★★

 「勉強」するにはもってこいの橋爪新書である。ただ、「〜主義」というレッテルを貼られると、常にそれに対するアゲインストがあり、いつしか古臭いものになってしまう。だが、思想に古いも新しいもない。現実に対して"有効"か"無効"か。その観点から言えば、未だに構造主義は"有効"だし、今後も"有効"だろう。なぜなら人間の無意識だからだ。ひとまずソシュール辺りから読んでみるかな。
スポンサーサイト
COMMENT