<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
 試験終わった〜
 3日間は疲れるわい。今年は問題が簡単だった気がするなぁ、受かってるといいけど。
 


 7/13〜15でヤボ用のため帰省してました。
 これは実家のある北海道士別市の牧場から撮影した写真です。
 祭りでカタヌキやってジンギスカン食べて甥っ子と遊んで札幌に寄って酔っぱらって。涼しかったなぁ。
 
 井上ひさし作、栗山民也演出の『藪原検校』を観劇してきました。@世田谷パブリックシアターです。
 もうチケット予約も終了しているのであれなんですが、なかなか興味深い舞台でした。

 http://setagaya-pt.jp/theater_info/2012/06/post_278.html

 "「おれはもっともっとやりてえことがあるんだ。この世の中を登れるところまで登ってみてえのさ。…盲がどこまで勝ち進めるか、賭けてみるんだ。悪いがおめえが邪魔なんだよっ!」 親の因果で盲に生まれたその男、盗み、脅し、殺人、悪の限りを尽くし、江戸の盲人にとっての最高位、検校まで登りつめた。これは稀代の大悪党、杉の市のちの二代目藪原検校の一代記"というわけです。井上ひさしの代表作ですね。
 藪原検校は野村萬斎が演じています。盲人がこの世の中をのし上がるには"悪事"をしていくしかない。もちろん、この二代目藪原検校は完全に井上氏の創作です。ただ、僕はこの単純極まるテーゼが引っかかりました。悪事以外に生きる道はない、とは何も盲人に限った話ではない。世界中(特に「南」の世界で)で悪事以外に生きる道はない人間が溢れている気がします。誰がそれを咎めることができるでしょうか。
 


 @ベイサイドマリーナホテル横浜
 1泊2日で海辺のホテルに行ってきました。料理もおいしいし、ホテルの人も感じがよかったのでとても楽しかったです。海のそばなので気持ちよかったです。あ、これはホテルから撮った写真ね。
 夜中に起きてEUROドイツ×ポルトガルを観たので若干朝がキツかったですが。

 http://www.baysidemarinahotel.jp/
 
 新居に引っ越して早一ヶ月、生活も落ち着いてきてネットも開通したので、そろそろ再開しようと思います。
 
 新居で書いています。駅至近は便利ですが、周りにマンション(このマンションも1階の大家以外はすべて事務所です)がなく、向かいは予備校、隣りは学習塾。って感じで、夜は生活音がまったくしません。やはり少し淋しい気がします。

 今日はツェランの詩集を買ったので、早速読みながら寝ます。
2011 my best
 2011年のあいだに初めて出会った作品より。
 音楽に関しては、かねてからの愛聴盤を繰り返し聴いていたので、ほとんど収穫なし。

【音楽】

『boomer's story』(1972/ry cooder)
『another day on earth』(2005/brian eno)
『jasmine』(2007/keith jarrett & charlie haden)
『細野晴臣の歌謡曲 20世紀BOX』(2009/various artists)
『thinking of you EP』(2011/natural calamity)

【映画】

『bringing up baby』(1938/howard hawks)
『l'argent』(1983/robert bresson)
『yi yi: a one and a two...』(2000/edward yang)
『singularidades de uma rapariga loura』(2009/manoel de oliveira)
『film socialisme』(2010/jean=luc godard)

【本】

『卍』(1928/谷崎潤一郎)
『voyage au bout de la nuit』(1932/louis-ferdinand celine)
『現代社会の理論』(1996/見田宗介)
『痛快!憲法学』(2001/小室直樹)
『暇と退屈の倫理学』(2011/國分功一郎)
 


 2011年のクリスマス・プレゼントは、Tivoliのラジオを頂いた。"Mode-One"です。
 モノラルで音が良い(特に低音域、中音域)し、木目調なので初日から部屋にすっかり馴染んでいる。とても気に入っている。
 
 2011/12/24は、僕にとって一生忘れられない日となりました。
 特にシャボン玉を吹いてくれた水戸ナンバーのヤンキー5人組には最大限の感謝を。
 
 昨日から隠密に細々とtwitterの「doux_musique」というアカウントで、音楽をセレクトしています。
 メロウ・ミュージックの総決算となります(更新頻度は1日1曲)。アコースティック/アンビエント寄りなので、読書でもしながらゆっくり聴けると思います。そして気になった楽曲は、是非ともオリジナル・アルバムに当たってみることをお勧めします。

 http://twitter.com/#!/doux_musique